医療用ウィッグを外すタイミング

抗がん剤治療や、何らかの理由で髪がなくなり、ウィッグを使用している時の外すタイミングですが、いつが良いのか悩む方も多く、結構難しいものです。

タイミングや外し方も色々ありますが、医療用ウィッグの場合は、出来るだけ一日でも早く外したいと思む方も多いと思います。
しかし、実際は伸びてきた自毛とウィッグのスタイルや毛量が違いすぎるうちは中々外しにくいですが、ある程度の長さが伸びて使用中のウィッグが長い場合はカットした・・・。という感じでウィッグを外す方もいらっしゃいます。

しかし、突然バッサリ切ったようにスタイルチェンジするのも勇気がいると思うので、出来るだけギャップを少なくするためにウィッグの方も自毛の長さに合わせて少しづつ短くされてもいいかと思います。

当サロンでは、色んな技術や技法でさらに自然に使いやすくできます。
例えば、フロント部分に産毛を作り、生え際のラインをぼかしたり、毛量をすくなくしたり、増やしたり、より自毛とのなじみが良いように白髪を少し足したり、どんな事でもご相談ください。

より自然に見えるように
生え際に産毛やおくれ毛を作ることで違和感を軽減します。

実際に抗がん剤治療を終えた後に再生する髪の毛は治療前とは違い、人によって個人差はありますがくるくるとした癖のある毛が生えることも多いです。ある程度の長さが出てくれば癖が落ち着いてきます。

その際のスタイル提案やご質問などございましたら、お気軽にご相談ください。

オーダーウィッグの価格や詳細はこちら➡

フォームからの問い合わせはこちら➡

【店舗公式アプリ】お店からのお知らせやキャンペーン情報をいち早く受け取れます。

Google Play で手に入れよう

関連記事一覧

WEB予約
電話予約