FAGA FPHL とは?

薄毛と言えばAGAが有名で男性特有の悩みと思っている方も多いのでは?
しかし、女性も薄毛症状にお悩みの方が増加しています。そこで少しでも疑問やお悩みが解消できるように解説したいと思います。

AGA男性型脱毛症(Andro Genetic Alopecia)は最近CMなどでよく見かけたり、聞く機会が増えたと思います。
特徴は徐々に進行する脱毛症で、前頭部や頭頂部といった頭部の一部が薄くなる特徴的な症状が現れます。
おもに、M字型やO字型に毛髪が薄くなっていきます。

 

FAGA・・・女性男性型脱毛症(Female Andro Genetic Alopesia)
今までは、女性も男性と同じ脱毛が原因と考えられていましたが、研究が進み原因が男性と違うということがわかりました。

症状としては、主に40代~50代頃に症状が現れることが多いです。まれに20代のころに症状が出る場合もあります。

抜け毛の症状が特徴的なAGAは比較的診断が簡単ですが、
FAGAの原因は、ダイエットによる栄養不足、鉄欠乏、女性ホルモンの乱れ、ストレスなど様々な原因が考えられます。

主な症状としては、頭頂部を中心に一本ずつの毛髪が細くなるため、全体のボリュームが少なくなったり、

頭頂部の分け目が目立つようになり、地肌が透けて見えるようになります。

 

*ルードウィッグ型 一番多いタイプです。頭頂部から後頭部の範囲にかけても毛髪が抜けて薄くなります。

*ハミルトン型 AGA(男性型脱毛症)とよくにていて、生え際が」Ⅿ字の剃りこみのように薄くなっていきます。

*クリスマスツリー型 生え際から髪が抜けていき頭頂部がクリスマスツリーの様に枝葉が左右に広がるように薄くなっていきます。生え際部分の薄毛の為、初期の段階でも目立ちやすいです。

 

 

FAGAとAGAの構造の違い

大きな違いは脱毛のメカニズムです。AGAはもし、治療をしないで症状を放置した場合、完全に毛髪が抜けてしまう可能性があります。

しかし、FAGAの原因は女性ホルモンの分泌量の低下が原因とされています。女性ホルモンの分泌量は少なくなっても一定の量は分泌され続けるので
毛髪が全くなくなるということはありません。

女性ホルモンが減少すると、相対的に男性ホルモンが優位になるので、AGAの症状と同じことが起こります。

FPHL(女性型脱毛症)とは?

1964年頃から研究が進むにつれてAGAと症状や原因が異なることがわかってきたため
現在は「FPHL(Female Pattern Hair Loss)」と呼ぶようになりました。

女性の薄毛、抜け毛で比較的多い症状は、「びまん性脱毛」に分類される症状です。

 

びまん性とは・・・
「広範囲に広がる」という意味であり、頭髪全体が薄くなるのが特徴です。

「脱毛症の」一種と勘違いされることが多いのですが、びまん性脱毛は様々な原因によって広範囲に薄毛が広がる脱毛疾患の総称を指します。

全体的に毛髪が徐々に薄くなるため薄毛が進行していると気づきにくいケースが多いので注意が必要です。

これらの症状は、進行性の脱毛症の為、一度発症すると自然治癒はしないので、何もケアをしないで放っておくと、どんどん進行してしまい回復に

長い時間がかかってしまいます。

そうなる前に出来るだけ早めのケアが大切です。

今は、気軽に付けれるポイントウィッグもあるので、上手く活用しながらストレスのない日々を送れるといいなと思います。

どんな髪の相談も気軽にご相談ください。

オーダーウィッグの価格や詳細はこちら➡

フォームからの問い合わせはこちら➡

 

 

 

 

【店舗公式アプリ】お店からのお知らせやキャンペーン情報をいち早く受け取れます。

Google Play で手に入れよう

関連記事一覧

WEB予約
電話予約