コロナ禍の心配な抜け毛に

コロナウィルスがなかなか収まらない状況が続いています。

コロナウィルスに感染した人の症状は様々ですが、多くの人が後遺症の脱毛に悩んでいるというニュースを最近よく耳にするようになりました。

症状も色々ですが、そんなにすごく見た目が変わったわけではないが、毎日の脱毛は確実に増えている・・・。

そんな時は、ひとまず出来ることとして、シャンプーやマッサージを行い、食事や睡眠、ストレス軽減などを心掛けて、状況を見守りましょう。

コロナ禍の中で、ストレスを貯めずに・・・。というのは難しいですが、早急に増毛やウィッグをするのはまだ早い段階です。

ひとまず抜け毛が止まれば大丈夫です。

しかし、抜け毛が進行して、家族や周りの人にも見た目を指摘されるようになると、さらに不安になってしまいますよね。

増毛で減っている分を補うことも出来ますが、脱毛が現在進行形の場合は、おすすめ出来ません。

増毛は、一本の自毛に結び付ける方法です。その時に、今ある毛に付けていくので、確実に増やすことはできますが、結び付けた自毛が脱毛してしまうと一緒に取れてしまう為です。

この場合は、出来るだけ脱毛の状態が良くなってから始めることが大切です。

ある程度、脱毛が落ちつきましたら、増毛も可能です。

 

見た目が明らかにコロナ感染前と違う・・・。

 

このような場合は増毛では限界があるので、ウィッグをお勧めします。

ウィッグにも色々な種類があり、

エクステのように小さく部分的に補う程度のものから、広範囲をカバーできるもの
オーダーメイドで作成するのが一番ですが、作成に1か月半~2ケ月ほどかかります。

当店では、既成の商品でもカット技術により、なじみのよいウィッグをご提供できます。

コロナの後遺症の脱毛の場合、未知のものなのでどこまで脱毛が進行するか予測がつきません

そのため、コストをどのくらいかけてよいのか、どのような方法がベストなのか、解らず心配な方も多いと思います。

当店では、数多くの同じお悩みのお客様を対応しています。

お一人で悩まずまずは、現状をお聞かせ下さい。悩みを話すことでストレスの軽減につながります。

お悩みに個人差ありますが、どのようなお悩みにも真摯にアドバイスさせて頂きますのでお気軽にご相談ください。

まずはご相談頂き、ご希望のご予算などお聞かせいただきながら進めさせて頂きたいと思います。

 

 

【店舗公式アプリ】お店からのお知らせやキャンペーン情報をいち早く受け取れます。

Google Play で手に入れよう

関連記事一覧

WEB予約
電話予約