医療用ウィッグの選び方

医療用ウィッグはサイズ加工できるのがおすすめです

抗がん剤治療等で、脱毛した後に使用するウィッグですが、治療過程で脱毛した後に徐々に毛髪が生えてくるので、自毛の状態にあわせてサイズを大きくしたり、小さくすることが出来ないと、とても困ります。

他社さんの商品で、サイズが変えられず結局2つ購入することになってしまったお客様がいらっしゃいました。

コストも悪い上に、ウィッグを切り替えることによる違和感やイメージが変わってしまう場合もあります。
長い目で見たときに、納得いくウィッグのご用意をおすすめします。

 

医療的な目的でウィッグを使用しなくてはならないお客様も、本当の目的はウィッグを外すと言う事を私たち、美容師は日々大切なことだと考えております。そのためにどうしたら1日でも早く、自毛だけでヘアスタイルがつくれるかという事を考え、ご誘導していきます。

出来るだけ自毛に近い感じで、ウィッグをつけている感じがなく自然、、、。
そうするために、少しづつ、ウィッグの毛量を軽く、少なくしていきます。

時には、フルウィッグが必要なくなった場合、部分ウィッグに加工して、白髪隠しなど、普段使いで
楽しむことも可能です。

お客様の自毛の状態やご希望によって様々な対処法がありますが自毛を大事にし最大限生かしたケアが必要となります。

 

他社さんの商品でも加工が可能な場合もございますので、是非ご相談ください。

 

オーダーウィッグの価格や詳細はこちら➡

フォームからの問い合わせはこちら➡

【店舗公式アプリ】お店からのお知らせやキャンペーン情報をいち早く受け取れます。

Google Play で手に入れよう

関連記事一覧

WEB予約
電話予約