トリートメントをしても髪がまとまらない時は〇〇をしよう!

こんにちは吉川です。
関東はそろそろ来週から梅雨に入りだそうですね。
この時期は、髪の悩みとともにヘアスタイルも爆発しがち・・

冬の乾燥の傷みによるのか、髪がまとまらないのでトリートメントで解消する方も多いと思います。

ですが、実はその悩み、トリートメントでは解決できない悩みかもしれません。

というのも、多くの方が少し癖毛、湿度が高くなると普段は落ち着いている髪も
根元が広がり、「なんとなくまとまらない」、「毛先がガサガサする」、「特にこの季節は艶がなくなる」など、見た目や手触りに変化が現れます。

そういう場合は、ストレートがオススメです!

ですがサロンワークをしていると、
ストレートに抵抗がある方もたくさんいるのではないかと思います。

この時期、ムード&ラテでは例外なくストレートをされる方がとても増える季節です。

ストレートといえば、今はほぼ100%縮毛矯正のことを言いますが、
縮毛矯正は髪の癖だけではなく、
自然な質感に必要なボリュームもまっすぐにしてしまい
抵抗がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

湿気があると膨らんだり、
髪がバサバサしてしまったり、
まとまらなかったり、
くせ毛の方にはストレートは必須ですが、

そこまでくせ毛ではない方は、
逆にストレートをすることで、
ペタンとしてボリュームがなくなってしまうのではないか?
余計に傷んでしまうのではないか?

そういった心配があり、この季節は我慢しかない・・

こう考えている方も、それなりにいらっしゃるのではないか?と思います。

それは過去縮毛矯正をしてぺたんこになってしまった経験や、
周りの方の体験談、イメージ等がそれなりにあるからかと思います。

ですが施術方法次第では、自然で艶のある髪質に形状記憶できる、
今までのイメージにはなかったストレートが今はできるようになっています。

 

実際のサロンワークのビフォア・アフターです。

ビフォア:水に濡れていると癖も落ち着きやすいですが、少し根元に癖が出てきているのがわかるかと思います。

上の方は、そこまで癖があるわけではありませんが、
やはり梅雨時期はボリュームや顔まわりの癖が湿気により現れ
ストレートアイロンの出番が増えるので、定期的にストレートをしています。

 

アフター:ドライヤーで手で自然に乾かした状態です。
癖の部分に天使の輪ができています。

 

自然に巻くとこんな感じに。

ムード&ラテのストレートは高温のアイロンを使わず、ブローで伸ばしていきます。
なので熱により髪を炭化させず、自然な質感が作れます。

余談ですが、縮毛矯正ではアイロンを使うと思いますが、
これはストレートに形づける過程で髪の中に残っている水分を飛ばす(脱水)目的があります。

しかし薬剤で髪がアルカリに傾いた状態で100度以上の高温をあてると、
髪は炭化といってタンパク質が一部炭になってしまいます。

これは元に戻ることがなく、ただ髪に残り、形状は二度と変わりません。
パーマがかけられないのはもちろん、いずれ枝毛になってしまいます。

最近は、酸性でアイロンをする酸熱トリートメントというのが流行っていますが
やはり熱の力で脱水して髪を伸ばす方法なので、
縮毛矯正ほどではないのですが、熱によって髪の一部は炭化してしまいます。

一番適切なのは、酸やアルカリではなく、
適度な還元(髪を伸ばすために必要なこと)と
高温を使わずブロー(脱水)すること、と僕たちは考えています。

髪は垢といっしょで、角化した細胞です。
肌のように生きた細胞ではないので自然治癒もしません。

適切な処置が綺麗な髪質とヘアデザインを作る、ムード&ラテの昔から変わらない考えです。

この季節、トリートメントをしても髪のまとまりが収まらない方、
実は自然な質感のストレートが悩みを解消できるかもしれません。
ぜひ一度ご相談くださいね!

【店舗公式LINE】お店からのお知らせやキャンペーン情報をいち早く受け取れます。

ムード-コア横浜店LINE

ムード文庫金沢文庫店LINE

ムード-コア関内店LINE

Latte自由が丘店LINE

関連記事一覧

WEB予約
電話予約