髪質再生=花粉症対策!?

こんにちは吉川です。

そろそろ鼻がムズムズとする季節が始まります。

気付けば花粉症歴も20年・・・

僕同様、花粉症の方には悩みの時期になるのではないでしょうか?

 

 

さてさてそんな花粉ですが、花粉と髪の毛の関係、皆さんはご存知ですか?

意外ですが、髪は傷むとより花粉が付きやすくなるんです!

その原因は2つ。

 

①表面がガサガサして物理的に花粉がつきやすくなる

髪の傷みが進行すると、手触りが悪くなるのはご存知だと思いますが、

具体的には表面にあるキューティクルが開く、もしくは剥がれてしまします。

そうすると表面に凹凸ができるので、花粉も吸着しやすくなります。

 

②髪は傷むとマイナスに帯電しに傾き花粉がつきやすくなる

 

髪は傷んでしまうと内部に隙間が出来てしまい

システイン酸という成分が生まれ、電気的によりマイナスに帯電します。

すると陽イオンを持った花粉やハウスダストが吸着しやすく

いつまでも髪についているので、鼻がムズムズ。

 

これらの原因対策には髪質再生を

髪質再生後の髪は、傷んで出来た内部の隙間に髪と同じ成分を詰め

さらに本来のphである弱酸性に戻します。

それにより髪の中にある酸性のアミノ酸も

塩基性(アルカリ性)のアミノ酸もお互いに結合する力が増し、

髪質再生成分が流出しにくく、丈夫で傷みにくい状態になります。

そして上からキトサン等でキューティクルをコーティングすることで

陽イオン物質も付きにくくなります。

 

 

 

男性と違い女性はショートでも髪が長く、

実は目に見えないサイズの色々な物質が吸着するところ。

髪のケア=花粉症対策

意外な繋がりがあるんですね!

 

 

関連記事一覧

WEB予約
電話予約