ヘアケア剤は量よりもつけ方が大切です

こんにちは吉川です。髪質再生師よっしーです!

 

食べ過ぎや飲み過ぎ、寝すぎなど「◯◯しすぎ」は身体に良くないのは分かっているのですが、

たまにやり過ぎてしまう事も人生楽しくなる要素かなと思い、幸せを感じる今日この頃です。

 

今回は主にアウトバス系ヘアケア剤のお話しです。

 

ヘアケア剤やオイルは用法用量を正しい範囲で守って頂くと最も効果的です。

お薬なんかと一緒ですね。

たくさん使えば良くなるかというと、そういう訳でもありません。

適量が大事。

 

・・・なのですが、それだけではなく髪にムラなく馴染んだか、これが超重要です。

ちゃんと馴染ませるには、 たくさん触ること。至ってシンプルです。

 

髪は10万本あると言われていますが、指は10本しかありませんから。

イメージ的には髪の毛の一本一本にしっかり薄く付けるようにする。

 

こうすることで、その製品のポテンシャルを最大限発揮できるのでは、と思います。

 

クリームやオイルタイプの付け方を紹介します。

まずは適量手にとり

髪につける前に手のひらに伸ばします。

 

20151026042221

 

 

20151026042237

20151026042252

 

次に乾きやすい表面から触ります。

そして内側も、毛先までしっかり指を通します。

 

20151026042414

20151026042320

 

20151026042344

 

何度も繰り返し行います。

場合により粗めの櫛を通すのも、量が多い方はおすすめです。

梳かす時は優しく、いたわる気持ちを持って頂くと宜しいかと。

力強くしてしまうと、せっかくキレイにするためにしている事が、逆効果ですからね。

 

20151026042359

 

 

そうすると、ドライヤーだけでも綺麗な質感で乾かせるように。

 

20151026042424

 

もちろん少なすぎてもダメですが、

適量を万遍なくしっかりと付ける、髪を触る時間を少し長めにとってみて下さいね!

 

 

 

関連記事一覧

WEB予約
電話予約